« 約束通り丸呑みを | Main | onndannka »

イレッサ裁判で国の責任認めず

2月25日(金)晴れ
 どんな薬にも副作用はある。薬害に対して国の責任を追及しすぎると有効な新薬でも中々承認が降りず結局損をするのは国民。国は承認するけれど副作用に対する全責任を販売元に負わせては。販売元は薬を売って利益を得るのだからその程度の責任は負うべき。

|

« 約束通り丸呑みを | Main | onndannka »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イレッサ裁判で国の責任認めず:

« 約束通り丸呑みを | Main | onndannka »