« 政府も東電も真実を語っている | Main | 自民党の災害復興の経済戦略は評価に値する »

モニタリングの目的にあった測定方法を

5月30日(月)雨
 文科省と県がやっている放射線量のモニタリングについて測定方法の統一が難しく限界にきているとの調査結果を原子力安全委員会が纏めた。測定器の向ける方向で値が違う。方向に矢印をつけているが測定者によってばらつく。線源を特定しなければ意味がない。

|

« 政府も東電も真実を語っている | Main | 自民党の災害復興の経済戦略は評価に値する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モニタリングの目的にあった測定方法を:

« 政府も東電も真実を語っている | Main | 自民党の災害復興の経済戦略は評価に値する »