« 原発に急ブレーキを掛けて本当に国民の生活は守れるのか | Main | ここでも検事の想定シナリオが瓦解 »

又もや先送り

5月11日(水)雨
 TPPへの参加の是非を判断する時期を先送りした。民主党内閣は批判が出そうな案件は全て先送り。だが物事はタイミングと気運が大切。機先を削がれると元気が出ない。特に農業の改革には相当のエネルギーが必要。大震災を機に一気にやれば難関は突破できる。

|

« 原発に急ブレーキを掛けて本当に国民の生活は守れるのか | Main | ここでも検事の想定シナリオが瓦解 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 又もや先送り:

« 原発に急ブレーキを掛けて本当に国民の生活は守れるのか | Main | ここでも検事の想定シナリオが瓦解 »