« 何を以て安全と言えるのか | Main | 誰がやっても代わり映えしない »

一時の感情の昂ぶりで教育の根幹を変えるな

6月11日(土)雨
 豊橋市教育委員会が原発は必要との記述を見直すと言う。何故だ。今回の事故を経験しても必要性は変わらない。火力発電には温暖化ガス放出の問題が、水力発電にはダム決壊の危険性がある。日本は唯一原子力の平和利用を国是とし後発国を支援する義務がある。

|

« 何を以て安全と言えるのか | Main | 誰がやっても代わり映えしない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一時の感情の昂ぶりで教育の根幹を変えるな:

« 何を以て安全と言えるのか | Main | 誰がやっても代わり映えしない »