« 一時の感情の昂ぶりで教育の根幹を変えるな | Main | 共産党がまたもや実現の可能性の少ない耳障りの良い言葉を »

誰がやっても代わり映えしない

6月12日(日)曇り
 ただ首を挿げ替えるだけでは済まない。回転椅子と英国から揶揄された様に首相が代わり過ぎる現状ではゆっくり仕事ができない。根本原因は議員内閣制にある。議員が首相を選ぶのだから議員が首相をクビにできる。結果、首相が議員の顔を見ながら仕事をする。

|

« 一時の感情の昂ぶりで教育の根幹を変えるな | Main | 共産党がまたもや実現の可能性の少ない耳障りの良い言葉を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 誰がやっても代わり映えしない:

« 一時の感情の昂ぶりで教育の根幹を変えるな | Main | 共産党がまたもや実現の可能性の少ない耳障りの良い言葉を »