« 中国からの高速鉄道の技術導入は危険 | Main | 中国の高速鉄道の技術は未完成 »

今更宮城県全域の出荷止めを掛けても意味がない

7月28日(木)曇り
 セシウムが大気中に放出されたのは3月の水素爆発でそれ以降は殆ど出ていない。セシウムに汚染された稲藁も4月に生産されたもので既に牛が食べその肉は流通している。各農家の飼料管理を強化すれば以後の牛は安全。流通している肉は販売現場で測れば済む。

|

« 中国からの高速鉄道の技術導入は危険 | Main | 中国の高速鉄道の技術は未完成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今更宮城県全域の出荷止めを掛けても意味がない:

« 中国からの高速鉄道の技術導入は危険 | Main | 中国の高速鉄道の技術は未完成 »