« 放射能のリスクを考えよう(6) | Main | 放射能のリスクを考えよう(8) »

放射能のリスクを考えよう(7)

8月30日(火)晴れ
 恒常的に放射能に曝される場合と事故等で一時的に浴びる場合とは安全評価が違う。今回は水素爆発で放射性物質が放出され一時的に線量が上がったがそれ以降は急速に減衰した。その間に被曝した線量の積算値が100mSvを超えなければ発ガン率に異常は出ない。

|

« 放射能のリスクを考えよう(6) | Main | 放射能のリスクを考えよう(8) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放射能のリスクを考えよう(7):

« 放射能のリスクを考えよう(6) | Main | 放射能のリスクを考えよう(8) »