« 警戒区域を解除した後住民の帰還への環境を整備する | Main | 食糧と食料を分けよう »

死んだ筈の恐竜がいつの間にか生き返っていた

10月30日(日)晴れ
 新東名の用地買収を巡る脱税事件が報道され驚愕。そもそも第二東名自身いつ何処で決まったかが不透明。なのに裏で着々と工事が進められていた。加えて第二東名は公団が民営化される際東名高速の渋滞解消には役立たず無駄と判定され工事の中止が決まった筈。

|

« 警戒区域を解除した後住民の帰還への環境を整備する | Main | 食糧と食料を分けよう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 死んだ筈の恐竜がいつの間にか生き返っていた:

« 警戒区域を解除した後住民の帰還への環境を整備する | Main | 食糧と食料を分けよう »