« 自身が受かることと国の将来とどっちが大切 | Main | 交渉の場で主張を »

声の大きな人にはクビを縮め、声の小さな人からは毟り取る

11月23日(水)晴れ
 政策仕分けで年金給付の減額を提言。2000~2002年度に物価が下がったにも拘わらず給付を下げなかった分が今までの累計で7兆円になると言う。だが当時現役世代がその分多く年金を払った訳ではなくその分現役世代が負担していると言う論理には納得できない。

|

« 自身が受かることと国の将来とどっちが大切 | Main | 交渉の場で主張を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 声の大きな人にはクビを縮め、声の小さな人からは毟り取る:

« 自身が受かることと国の将来とどっちが大切 | Main | 交渉の場で主張を »