« 苦境に立たされた国連 | Main | 自身が受かることと国の将来とどっちが大切 »

何故米軍基地の一部を本土に移転する策を図らない

11月21日(月)晴れ
 民主党が沖縄政策分科会を設置して新たな振興策を検討する。相変らずの札束で顔を叩く施策。それでは沖縄県民の米軍や日本政府に対する悪感情は和らげない。沖縄が求めているのは本土の沖縄に対する思いやりや配慮だ。それ無くして普天間問題は解決しない。

|

« 苦境に立たされた国連 | Main | 自身が受かることと国の将来とどっちが大切 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何故米軍基地の一部を本土に移転する策を図らない:

« 苦境に立たされた国連 | Main | 自身が受かることと国の将来とどっちが大切 »