« 何故米軍基地の一部を本土に移転する策を図らない | Main | 声の大きな人にはクビを縮め、声の小さな人からは毟り取る »

自身が受かることと国の将来とどっちが大切

11月22日(火)晴れ
 小沢一郎元代表が自身を支持する議員グループの会合で惨敗するから消費増税を掲げての選挙に反対する考えを示した。相変らず選挙での敗北を脅しの材料に勢力拡大を狙う。だが国民に苦い汁を強いることを躊躇した結果が今の大幅赤字。欧州の危機と同じ構造。

|

« 何故米軍基地の一部を本土に移転する策を図らない | Main | 声の大きな人にはクビを縮め、声の小さな人からは毟り取る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自身が受かることと国の将来とどっちが大切:

« 何故米軍基地の一部を本土に移転する策を図らない | Main | 声の大きな人にはクビを縮め、声の小さな人からは毟り取る »