« 国の借金残高はもう限界 | Main | 日本の農業はそんな柔ではない »

後釜が居るのか

11月9日(水)曇り
 ギリシャに次いでイタリアのベルルスコーニ首相も辞意を表明。どちらもEUに約束した財政緊縮策の国会承認が条件。だが国際的に約束したことを実行する以外手はなく反面国民の矢面に立たされる。しかも成功して当たり前。そんな貧乏籤を引く人がいるのか。

|

« 国の借金残高はもう限界 | Main | 日本の農業はそんな柔ではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 後釜が居るのか:

« 国の借金残高はもう限界 | Main | 日本の農業はそんな柔ではない »