« 安全対策を怠れば企業は立ち行かない | Main | 第1次産業の振興こそ財政再建の道 »

幾ら独裁でも個人の尊厳を侵してはいけない

1月13日(金)晴れ
 大阪市の橋下市長が公立校の教職員に君が代の起立斉唱を義務付ける条例案を提案する意向。多数を握れば何でもやって良いとの白紙委任をした訳ではない。国旗に敬意を払うのは個人の自主的意志であり条例等で強制すべきではない。天皇も心配されておられる。

|

« 安全対策を怠れば企業は立ち行かない | Main | 第1次産業の振興こそ財政再建の道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幾ら独裁でも個人の尊厳を侵してはいけない:

« 安全対策を怠れば企業は立ち行かない | Main | 第1次産業の振興こそ財政再建の道 »