« 市民に負担増をお願いするのが先 | Main | 定量的情報なしの結論は百害あって一利なし »

オスプレは米国の占領政策の象徴

7月28日(土)晴れ
 政府は「安全性が確認されるまで飛ばさない」を繰り返す。だが安全なら問題ないのか。軍内の装備変更は事前協議の対象外と米国に言いなりに従っている。戦後70年近く経っても未だ治外法権の場があり占領軍の影が残る。最小限度米軍基地は自衛隊との共同使用に。

|

« 市民に負担増をお願いするのが先 | Main | 定量的情報なしの結論は百害あって一利なし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オスプレは米国の占領政策の象徴:

« 市民に負担増をお願いするのが先 | Main | 定量的情報なしの結論は百害あって一利なし »