« 付和雷同で大切な財産を失うな | Main | 即刻脱原発は机上の空論 »

カネ目当ての国ぐるみ悪徳商法

7月2日(月)晴れ
 iPadの商標権を巡る裁判でアップル側が48億円もの和解金を払わされた。商標権を主張した中国企業は巨額の負債を抱えており商標を持つ意味は全くない。この手の商法は讃岐うどんや青森リンゴなど日本の地域振興の障害にもなっておりそれに弾みを付けた格好。

|

« 付和雷同で大切な財産を失うな | Main | 即刻脱原発は机上の空論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カネ目当ての国ぐるみ悪徳商法:

« 付和雷同で大切な財産を失うな | Main | 即刻脱原発は机上の空論 »