« 強く育てるのは親の責務 | Main | 生療法は大怪我の元 »

親は何故子どもを助けなかったのか

7月7日(土)曇り
 自殺した男子生徒の家族は金遣いが荒いと学校に相談していたと言う。つまり家族はある程度異変に気づいていた。ならば学校に相談する前に本人から悩みを聞き出さなかったのか。親子の間に信頼関係があれば子どもは真っ先に親に相談する。信頼関係こそ問題。

|

« 強く育てるのは親の責務 | Main | 生療法は大怪我の元 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親は何故子どもを助けなかったのか:

« 強く育てるのは親の責務 | Main | 生療法は大怪我の元 »