« 親は何故子どもを助けなかったのか | Main | 今回の造反劇は失敗の連続 »

生療法は大怪我の元

7月8日(日)晴れ
 ラップで傷口を覆うことで傷口からの体液で湿らせ傷を早く治す湿潤法が床ずれに効果があるとされその後火傷にも効くとの情報がネットを媒介に広まった。ところが傷口からの細菌感染による化膿の可能性が却って高まり中に細菌が全身に回り敗血症になる例も。

|

« 親は何故子どもを助けなかったのか | Main | 今回の造反劇は失敗の連続 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生療法は大怪我の元:

« 親は何故子どもを助けなかったのか | Main | 今回の造反劇は失敗の連続 »