« 活断層か否かではなく歪の溜り具合を | Main | 全てのエネルギー設備に危険は付きもの »

笹子トンネルは構造設計自体が失敗

2月1日(金)曇り
 国土交通省が笹子トンネルの崩落現場近くで天井を支えるボルトの6割が手で簡単に引き抜けたと発表。中にはボルトの先端の一部にしか接着剤が付いていない物もあった。明らかに手抜き工事だ。だが経年劣化する接着剤だけで天井を支える設計自体が失敗では。

|

« 活断層か否かではなく歪の溜り具合を | Main | 全てのエネルギー設備に危険は付きもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 笹子トンネルは構造設計自体が失敗:

« 活断層か否かではなく歪の溜り具合を | Main | 全てのエネルギー設備に危険は付きもの »