« 風評被害を抑えなかった国の責任は重い | Main | 政治信条がなければ党としての存在意義が無い »

沖縄は本土側の誠意を見守っている

2月23日(土)晴れ
 安倍政権は日米同盟重視の姿勢を示すため普天間基地の辺野古への移設に向けた埋め立て申請を3月にも行う方針を固めた。だがその前にやることがある。沖縄の負担軽減の具体的内容と行動計画を示すことと本土側に一部負担を肩代わりする誠意を見せることだ。

|

« 風評被害を抑えなかった国の責任は重い | Main | 政治信条がなければ党としての存在意義が無い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 沖縄は本土側の誠意を見守っている:

« 風評被害を抑えなかった国の責任は重い | Main | 政治信条がなければ党としての存在意義が無い »