« 普天間の負担を本土が分散して担おう | Main | 笹子トンネルは構造設計自体が失敗 »

活断層か否かではなく歪の溜り具合を

1月31日(木)晴れ
 原子力規制委員会が活断層か否かの不毛の論議で時間を浪費している。論議の基点は近い将来その場で地盤のズレが起きるか否か。ズレは歪が溜まって起きる。確かに断層面はズレ易い。だが歪が溜まっていなければ起きない。歪が溜まっているか否か診れば済む。

|

« 普天間の負担を本土が分散して担おう | Main | 笹子トンネルは構造設計自体が失敗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 活断層か否かではなく歪の溜り具合を:

« 普天間の負担を本土が分散して担おう | Main | 笹子トンネルは構造設計自体が失敗 »