« 中国の鼻息は長続きしない | Main | 労働市場の流動化が急務 »

本土は沖縄県民の苦痛を分かちあおう

3月6日(水)晴れ
 オスプレイの本土での飛行訓練始まる。沖縄県の仲井知事は本土の人も訓練の実態が少しはおわかりいただけるのではと語った。当の岩国市長や山口県知事は約束が完全に守られているか監視を続けて行きたいと慎重なコメント。沖縄県民のためにも冷静な対応を。

|

« 中国の鼻息は長続きしない | Main | 労働市場の流動化が急務 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本土は沖縄県民の苦痛を分かちあおう:

« 中国の鼻息は長続きしない | Main | 労働市場の流動化が急務 »