« 国民の半分以上が賛成しなければ改憲してはならない | Main | 数の議論に終止符を »

何故この時期に敢えて物議を醸すのか

5月13日(月)曇り
 維新の会の橋下共同代表が「銃弾が飛び交う中で戦っている兵士に休息を与えるため慰安婦制度は必要だった」と語り物議を醸している。本人は一般論を言っただけで韓国の従軍慰安婦を正当化する積もりはないと言うだろうが相手が嫌がることを敢えてするのは何故。

|

« 国民の半分以上が賛成しなければ改憲してはならない | Main | 数の議論に終止符を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何故この時期に敢えて物議を醸すのか:

« 国民の半分以上が賛成しなければ改憲してはならない | Main | 数の議論に終止符を »