« 発議要件より国民投票要件の論議を | Main | 政府に期待するのは大胆な規制改革 »

易い賠償額では被害者が増える一方

6月4日(火)晴れ
 週刊現代の記事で名誉を傷つけられたとして吉本興業が発行元の講談社に損害賠償を求めた裁判で東京地裁は110万円の支払いを命じた。だが興味本位の記事で週刊誌が売れた割には110万円は安すぎる。一般に罰が軽すぎるため捏造記事が横行し被害者が増える。

|

« 発議要件より国民投票要件の論議を | Main | 政府に期待するのは大胆な規制改革 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 易い賠償額では被害者が増える一方:

« 発議要件より国民投票要件の論議を | Main | 政府に期待するのは大胆な規制改革 »