« 世界標準に逆行して何故悪い | Main | 理不尽な手数料 »

汚染水問題の深刻化は民主党の責任

8月28日(水)晴れ
 大畠民主党幹事長が東京電力福島第一原発の汚染水問題は一民間企業が対処できる状況ではない、政府が全面に出ると言うが遅すぎると批判。だが事故以来1年半放って置いたのは民主党。批判できる立場にはなく寧ろ具体的な対処方法を提案する義務を負っている。

|

« 世界標準に逆行して何故悪い | Main | 理不尽な手数料 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 汚染水問題の深刻化は民主党の責任:

« 世界標準に逆行して何故悪い | Main | 理不尽な手数料 »