« August 2013 | Main | October 2013 »

大幅な節電と地方財政の大幅な緊縮

9月29日(日)晴れ 
 菅元首相が最初に言ったのが原発依存体質からの脱却だった。それがいつの間にか脱原発に変わった。只依存体質から脱却しない限り脱原発はできない。特に福島は東電依存にどっぷり漬かっている。これではいつまで経っても東電無しでは県全体がやって行けない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

針小棒大にして人心を惑わすな

9月28日(土)晴れ
 民主党の馬淵元首相補佐官は福島第一原発の5,6号機を詳細に調べれば原発事故が地震の揺れが原因で起きたことが分かると述べたが原発事故は水素爆発、水素爆発の原因は津波による電源喪失。これは疑いの無い事実。問題は電源確保に危機管理の甘さがあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イランは賢い選択をした

9月27日(金)晴れ
 イランのロハニ大統領が核兵器への転用を断念すると発表。賢い選択だ。核兵器は実戦では使えずお荷物になるだけ。核兵器保有国が国際社会で発言力を強める訳でもない。却って国際社会から反撥を食らい制裁などリスクを増やすだけ。平和利用に徹した方が得策。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一時の感情で法律を弄ると後で後悔するよ

9月26日(木)曇り
 韓国の競技場などで旭日旗を掲げた者を刑罰の対象にする刑法改正案が韓国の国会へ提出。旭日旗は現在も海上自衛隊の艦船旗として使用されており準国旗扱い。他国の国旗の掲揚を取り締まるのは若干出過ぎた感じもするが他国内でもあり持ち込まなければ済む話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自衛隊は日本人を衛の日本の国を衛の

9月25日(水)雨
 安倍首相が自衛隊の活動範囲について日本からの地理的距離とは関係なく事態の内容により判断すべきとの考え方を記者団に語った。日本人は地球上の色んな場所で活躍しているとも言った。この論理からすると日本人を救うためにアルジェリアでの戦闘もあり得る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思わぬ処で機嫌を直してくれそう

9月24日(火)曇り
 首相が対国民や外交でぎくしゃくした関係が生じた場合に政治とは違う場所で関係修復を図るのがファーストレディの役目。その意味で昭恵夫人の行動を韓国が評価してくれるなら有難い。元々昭恵夫人は根っからの韓流ファンで知られており本人も自然体で臨める。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

糠喜びより真の観光立国へ

9月23日(月)晴れ
 中韓からの大型クルーズ船の寄港が激減し自治体に痛手。だが中韓の大型クルーズは所謂欧米の金持が世界一周の途上に立ち寄るのとは訳が違う。クルーズ船の採算を補うために日本への渡航のみを条件に安く売りだしたもの。底の浅いものは一時のブームで終わる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本人は韓国に反感は抱いていない

9月22日(日)晴れ
 前大統領が人気回復のために竹島に上陸したり閣僚の靖国神社参拝を故意に誇張して報道したり日本からの海産物の輸入を禁止したり日韓の関係は韓国側の一方的な反感キャンペーンによって悪化した。日本側は何も反感を抱いていないし反韓運動も起こしていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海江田さん、口動力より行動力を

9月21日(土)晴れ
 民主党の海江田代表が安倍政権の経済政策はうまく行っているようだが経済成長は長続きしなければだめと批判。だがデフレ脱却は一朝一夕にはできない。大石は大きな力でも動かないが小さな力で何回も揺すればいつか共振を起こし動く。そんなことも知らないの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マスコミは徒に不安を煽ってどうするの

9月20日(金)晴れ
 安倍首相の完全にブロックされているとの発言に対し異論が噴出。だが言葉尻を捉えても非生産的。大事なことは現状で問題の無い個所と問題のある個所をしっかり区分けし問題の無い個所は1日も早く前の生活に戻す。そうすれば問題のある個所に全精力が注げる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親が医療機関に診せれば済む話

9月19日(木)晴れ
 色覚異常の学校での検査が10年前に中止されて以来色覚異常の子どもの2人に1人は異常の気付かないまま進学や就職期を迎え6人に1人が進路の断念などトラブルを経験していると言う。だが色覚異常は日常生活で少し注意すれば分かる。親の注意深い観察が肝心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政党は正しい国会議員を候補者に

9月18日(水)晴れ
 自民党の脇参院幹事長が政党の段階で候補者の選び方が未熟、政党が本当に正しい国会議員を選んでいるかと発言。ただ勝つためにスポーツ選手や有名タレントを候補に出す。選挙に勝っても国会で十分な働きができず次の選挙で落選。その間無駄な経費が使われる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会は責任追及でなく具体策の議論を

9月17日(火)晴れ
 共産党の志位委員長が汚染水問題で東電を破綻処理し一時的に国有化することを盛り込んだ緊急提言を発表。だが今責任問題を追及している暇はない。毎日300㌧の汚染水が増えている。漏れを起こしているタンクは日増しに増えている。具体的な施策を提案すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

集団的自衛権の議論は拡大解釈を生む

9月16日(月)台風
 民主党の枝野憲法総合調査会長が「今までの解釈で都合が悪くなったと勝手に変えられたら憲法で縛る意味がない。寧ろ自衛権の範囲をきちんと規定すべき」と発言。集団的自衛権と広範囲に広げるのでなく自衛権の範囲の中に支援してくれる他国軍を護ることを入れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遅々として進まない防潮堤工事

9月15日(日)曇り・驟雨
 どんなに頑丈な防災施設を作っても自然災害はそれを乗り越えてやってくる。人の力の弱さを徹底的に教えたのが今回の大震災だ。ただ人は自然に順応することを学んだ。自然に抗するのでは自然を受け入れ自然に従う。その謙虚さが結局は災害から逃れる術となる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非科学的な尤もらしい解説が大手を振って罷り通る

9月14日(土)晴れのち曇り
 福知山市の花火大会会場での爆発事故で作業員が空気抜きのバルブを開けなかったことが原因と大学教授も含めて多くの解説者が口を揃えた。だが日照りで缶内圧が上がればどちらのバルブを開けようと一気に噴き出すのは同じ。寧ろ狭い口から出る方が引火し易い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これこそ政府の仕事

9月13日(金)晴れ
 政府は地下水の流入を止める方策を考えているが先ず全体を定常状態するのが先。入りに相当する量を毎日放出する策を講じる。高性能の濾過装置は勿論だが周辺住民のみならず全国民、全世界の納得が必要。監視結果を毎日公表するのに加えてIAEAのお墨付きも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「嫌なものは他へ押し付ける」では埒が開かない

9月12日(木)晴れ
 福島も除染作業が一向に進んでいない。理由は汚れた土や草木などを保管する中間貯蔵所の場所が決まらないから。中間貯蔵所は完全に密封され外に放射能が漏れない構造にしてあるのに身近に作るのは嫌だし他所からの持ち込みなどとんでもないでは話にならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教師の丁寧なフォローが大切

9月11日(水)曇り
 新しい歴史教科書をつくる会がはだしのゲンを有害図書として教育現場からの撤去を要望。歪んだ思想に基づく内容とは思わないが暴行シーンが多く残虐な描写があるのも事実だ。野放しにせず皆が嫌がる戦争が何故無くならないかを児童に考えさせる教材にしては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人や環境に影響を及ぼすレベルか否かが重要

9月10日(火)曇り
 五輪招致のプレゼンで安倍首相が汚染水は0.3平方キロの港湾内に完全に封じ込めていると明言したことに対して港湾は一部が開放されているとか貯槽から漏れた水が港湾外に出ているなど細かな例を挙げて批判。だが周辺海域のモニタリングで異常値は出ていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

被害の大きさと違法の程度とは無関係

9月9日(月)曇り
 検察当局は東京電力福島第一原発の事故をめぐり業務上過失致死傷の疑いで告訴・告発されていた東電幹部や政府関係者ら約40人全員を不起訴処分とした。原告側は死亡を含む多くの被害者が出ているのに不起訴は不当として市民で作る検察審査会に申し立てる方針。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我々日本国民へも安全な現状の説明を

9月8日(日)曇り
 安倍首相が五輪招致のプレゼンで福島第一原発周辺海域でのモニタリング結果はWHO規制値の500分の1、流通している食品などは世界で最も厳しい規制値の100分の1と安全を強調。IOC委員はその説明で納得したと言うが何故我々国民に同様な説明がないのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

議論するよりまず実行

9月7日(土)曇り
 民主党の長妻幹事長代行が福島第一原発の汚染水問題を議論する国会を開けと要請するも応じてくれないと批判。だが国会で議論している時ではない。直ぐに解決する妙案などない。あらゆる手段を試行錯誤する以外ない。妙案があれば自らが現場へ行き実行しては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米国の思惑通りにはことは運ばない

9月6日(金)曇り
 G20主脳会議でシリアへの軍事介入を巡り各国の賛否が割れ首脳宣言では言及されなかった。化学兵器は誰でも簡単に作れるだけに国際的に厳格な管理が必要。今回もシリアへは何らかの制裁は必要だがそれがなぜ軍事介入なのか、米国の単独行動なのかが甚だ疑問。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これは国しかできない

9月5日(木)雨後晴れ。
 五輪招致で汚染水問題が理由で東京が守勢に立たされている。政府が盛んに東京は安全だと言っても所詮は当事者の言い訳。外国から見れば東京も福島も同じ場所。日本全国が汚染されている様に見える。IAEAを呼んで実態を調査して公表して貰えば疑いは晴れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

住民のエゴ丸出しで作業者のモラルは下がりっぱなし

9月4日(水)晴れ
 朝日新聞の『手抜き除染』が今年度の新聞協会賞に決まったと誇らしげに報告。だが除染作業の問題は解決していない。除染した後の汚染土壌の処分場が決まっていない。除染の結果目に見えて放射線レベルが下がった事実もないし住民が戻り感謝されることもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

悪ふざけには厳罰で臨め

9月3日(火)晴れ
 店の冷蔵庫などに入り込み写真に撮ってネットで公開する悪ふざけが後を絶たない。多くの場合店は閉店し冷蔵庫内の商品は全て廃棄。悪ふざけの本人は解雇と厳しい処分。加えて本人または保護者に数千万円の損害賠償が科せられる。厳罰以外に抑える方法はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

汚染水対策で国が真っ先にやること

9月2日(月)晴れ
 封じ込めたものが外に出てしまったのだから今更ゼロにしろと言う方が無茶。リスクはゼロではないがこれ以下なら許容できる放射能の排出レベルを設定しそのレベルまで落とした後海に捨てる。これは世界の納得が必要でそれにはIAEAの意見を取り入れ説得する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オバマ大統領シリア攻撃を断念か

9月1日(日)晴れ
 オバマ米大統領がシリアへの限定武力攻撃を決断したと発表、但し議会へ承認を求めるとも発言。武力攻撃をしても止めてもリスクは同じ。英首相の様に議会へ責任を転嫁するのも一法と考えた。勿論議会に提案する前提には攻撃を決断しなければ話が前に進まない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »