« STAP細胞って赤ん坊にしか無いのでは? | Main | 市民の血税を私物化するな »

国政に出たのが躓きの始まり

1月31日(金)晴れ 
 橋下大阪市長が掲げる大阪都構想が急失速。今日開かれた法定協議会での区割り決定を目指してきたが先送りされた。2011年のダブル選挙で民意を得たが時間とともに熱が冷めた。明治維新では熱き志で団結した同志たちが小さいながらも着実に成果を挙げて行った。

|

« STAP細胞って赤ん坊にしか無いのでは? | Main | 市民の血税を私物化するな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国政に出たのが躓きの始まり:

« STAP細胞って赤ん坊にしか無いのでは? | Main | 市民の血税を私物化するな »