« 美しいものは何処までも美しいはず | Main | 低価格では消耗戦 »

首長が直接教育に口を出すのは如何なものか

2月6日(木)晴れ
 自民・公明両党は教育委員会制度の見直しに向けたWGを立ち上げた。安倍首相は教委の権限を首長に移して政治主導にしたい考えだが与党内から政治的中立性への懸念から教委に執行権限を残すべきとの声が上がっている。首長が替わる度に方針が変わっては困る。

|

« 美しいものは何処までも美しいはず | Main | 低価格では消耗戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 首長が直接教育に口を出すのは如何なものか:

« 美しいものは何処までも美しいはず | Main | 低価格では消耗戦 »