« 信じる方が益になる | Main | 党議拘束が諸悪の根源 »

優秀な研究と論文書きは両立しない

4月11日(金)晴れ
 小保方さんが会見で論文を書く細かなルールを知らなかったからSTAP細胞が見つけられたと思わず口を滑らす。優れた研究には研ぎ澄まされた感覚とずば抜けた集中力が求められる。雑事に追われてはできない。論文が大事なら論文を書く専門の部署を作れば良い。

|

« 信じる方が益になる | Main | 党議拘束が諸悪の根源 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 優秀な研究と論文書きは両立しない:

« 信じる方が益になる | Main | 党議拘束が諸悪の根源 »