« 航海士の操船ミスではない | Main | どちらを選ぶかは自明の理 »

大統領は面子に拘るな

4月21日(月)曇り
 韓国の朴大統領は船長などの操船ミスを厳しく糾弾しているが未だ原因は明確になっていない。それより米軍や自衛隊から応援の要請に応じる用意があると伝えても聞く耳を持たない面子に拘る大統領の了見の狭さが問題。まだ遅くない。人海戦術で早く事態収拾を。

|

« 航海士の操船ミスではない | Main | どちらを選ぶかは自明の理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大統領は面子に拘るな:

« 航海士の操船ミスではない | Main | どちらを選ぶかは自明の理 »