« 再生エネの甘い言葉に乗せられると破滅する | Main | 再エネだけではメシは食って行けない »

新事実の発見が研究の根幹の筈だが

7月22日(火)晴れ
 小保方氏の代理人は同氏の博士論文を調べていた早大の調査委員会の報告書を巡る報道で元となる実験が『実在性あり』と認定した部分が紹介されていないと批判。研究で実在性は根幹をなす部分だが最近は新事実の発見の種が尽き多くの論文が形式に偏重している。

|

« 再生エネの甘い言葉に乗せられると破滅する | Main | 再エネだけではメシは食って行けない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新事実の発見が研究の根幹の筈だが:

« 再生エネの甘い言葉に乗せられると破滅する | Main | 再エネだけではメシは食って行けない »