« 汗をかいた自治体に光が当たる制度 | Main | 日米両軍が協力して世界中で展開 »

細かな議論より何がしたいのかの議論を

5月12日(火)曇り 
 安保法制11法案で自公が合意した。切れ目のない対応や恒久法の言葉が躍っているが何故その様な対応が必要なのか、今の法体系で何が問題なのか、今回の改正で何がどう変わるのかなどのそもそも論が欠けている。臨時措置法などの対応を実際に行っていないのに。

|

« 汗をかいた自治体に光が当たる制度 | Main | 日米両軍が協力して世界中で展開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 細かな議論より何がしたいのかの議論を:

« 汗をかいた自治体に光が当たる制度 | Main | 日米両軍が協力して世界中で展開 »