« やっと健全な姿に一歩踏み出した | Main | 事件の表面だけで結論を出すのは危険 »

人道的見地では片付かない移民受け入れ

11月15日(日)晴れ 
 仏国は1950年代半ば~70年代半ばの高度成長を支える安い労働力としてアルジェリアをはじめ旧植民地から大量の移民労働者を受け入れ移民やその子孫が定住した。だが80年の景気低迷に伴い経済格差が拡大し移民系住民は不満を募らせ2005年に大規模な暴動が。

|

« やっと健全な姿に一歩踏み出した | Main | 事件の表面だけで結論を出すのは危険 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人道的見地では片付かない移民受け入れ:

« やっと健全な姿に一歩踏み出した | Main | 事件の表面だけで結論を出すのは危険 »