« 拳を振り上げては見たものの軽く往なされた | Main | 懐が温まったのは大企業だけ »

台湾人は決して中国に加わろうとはしない

11月8日(日)雨 
 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が分断後初となる首脳会談を行い一つの中国を再確認した。だが台湾は元々高雄族と言う誉れ高い民族の島。そこへ中国共産党に追われ逃げてきた蒋介石一派が乗り込んだ。台湾人にとって中国人は被征服者と征服者の関係。

|

« 拳を振り上げては見たものの軽く往なされた | Main | 懐が温まったのは大企業だけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾人は決して中国に加わろうとはしない:

« 拳を振り上げては見たものの軽く往なされた | Main | 懐が温まったのは大企業だけ »