« 衆参が同一な選挙制度であること自体が問題 | Main | 農業も個人営農から法人による産業化が進む »

掛け声は勇ましいが数字に疑問

11月27日(金)晴れ 
 政府は賃上げの恩恵が及びにくい低年金受給者約1千万人を対象に1人あたり3万円程度の給付金を配る方向で補正予算に3千億円を計上する考え。1千万人は人口の1割。1割が低年金受給者とは。3万円は月ではなく年額。月に直して3千円では生活の足しになるか。

|

« 衆参が同一な選挙制度であること自体が問題 | Main | 農業も個人営農から法人による産業化が進む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 掛け声は勇ましいが数字に疑問:

« 衆参が同一な選挙制度であること自体が問題 | Main | 農業も個人営農から法人による産業化が進む »