« がんを特別扱いする時代ではない | Main | 外国人に核の傘の認識はない »

処分の方法自体を見なす時期に来た

1月27日(水)晴れ 
 原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場を19道府県が受入れ拒否。元々温度や放射能が下がるまでに数万年掛かること自体が問題で核燃料リサイクルを止めれば問題は解決する。更に数か所で集中処理するのでなく小分けにして分散処理すれば管理が容易に。

|

« がんを特別扱いする時代ではない | Main | 外国人に核の傘の認識はない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 処分の方法自体を見なす時期に来た:

« がんを特別扱いする時代ではない | Main | 外国人に核の傘の認識はない »