« 宜野湾市長選は辺野古基地建設反対と切り離した勝利 | Main | 処分の方法自体を見なす時期に来た »

がんを特別扱いする時代ではない

1月26日(火)晴れ 
 厚生労働省はがん患者らが仕事と治療を両立できるような対策を始める。がんは2人に1人がなるとされる国民病。通院や経過観察などで通常勤務への復帰は簡単ではない。だが最近は治療よりQOLに重点を置く。患者もただ治療に専念するより生きがいを見出せる。

|

« 宜野湾市長選は辺野古基地建設反対と切り離した勝利 | Main | 処分の方法自体を見なす時期に来た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference がんを特別扱いする時代ではない:

« 宜野湾市長選は辺野古基地建設反対と切り離した勝利 | Main | 処分の方法自体を見なす時期に来た »