« 弾道ミサイル防衛システムは必要か | Main | 隣国である日本の役割は大きい »

北朝鮮のミサイル脅威論に要注意

2月8日(月)晴れ 
 北朝鮮のミサイル発射に関し今回のミサイルは射程距離が13,000㌔と長く米国の東海岸にまで届くので米国も何らかの対応を取らざるを得ないのではとの報道がある。だが大陸間弾道弾は一度大気圏外に出て再突入する必要がありそのための耐熱材は手付かずのまま。

|

« 弾道ミサイル防衛システムは必要か | Main | 隣国である日本の役割は大きい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮のミサイル脅威論に要注意:

« 弾道ミサイル防衛システムは必要か | Main | 隣国である日本の役割は大きい »