« 停滞は全地球規模で小手先の対応では追いつかない | Main | 制裁では北朝鮮の暴走は阻止できない »

誰のための震災復旧事業か

1月31日(日)曇り 
 東北大震災で津波に破壊された場所の多くは災害危険区域に指定され高台への集団移転が半ば強制的に決められた。だが宅地造成地の確保や嵩上げ工事などで未だに移転できない地域が多い。漸く完成しても住民の多くは既に他県へ移住しており新地域は何処も閑散。

|

« 停滞は全地球規模で小手先の対応では追いつかない | Main | 制裁では北朝鮮の暴走は阻止できない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 誰のための震災復旧事業か:

« 停滞は全地球規模で小手先の対応では追いつかない | Main | 制裁では北朝鮮の暴走は阻止できない »