« 先ずは安保法廃止運動を盛り上げよう | Main | 嫌なことは何でも先送りか他人任せ »

復興への道筋にもっと住民が積極的に関わるべき

3月4日(金)晴れ 
 国は避難解除するかしないかの議論ばかりで解除後に誰が住みどんな街にしていくかの視点がないと避難住民は嘆くがそれを作るのは住民自身。除染が済んで帰る人がどれだけ居るかを把握できるのも住民。どんな街にするのかも住民次第。国はその条件を満たすだけ。

|

« 先ずは安保法廃止運動を盛り上げよう | Main | 嫌なことは何でも先送りか他人任せ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 復興への道筋にもっと住民が積極的に関わるべき:

« 先ずは安保法廃止運動を盛り上げよう | Main | 嫌なことは何でも先送りか他人任せ »