« May 2016 | Main | July 2016 »

大型の財政出動でアベノミクスを加速すると言うが

6月29日(水)曇り 
 安倍首相は秋の臨時国会に大型の補正予算を組む考えだが即効性のある施策に乏しい。円高で苦しむ中小企業向けに資金繰り支援をするにしても既に低金利が定着しているのに借り手が増えない。大型の公共事業を進めようにも建設業は人手不足が深刻でこなせない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アベノミクスを吹かす状況にはない

6月28日(火)曇り 
 スペインの総選挙でEUの緊縮財政に異を唱えるポデモスが伸び悩んだ。現実味がなく将来が不安との有権者の声。地球温暖化で資源エネルギーの大量消費に赤信号が灯り成長拡大路線は大きく舵を切らざるを得ない。問われるのは縮小均衡に如何に軟着陸するかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安倍首相にも似た兆候が

6月27日(月)曇り 
 後先を考えずただ直面する苦痛を取り除くことのみを強調し将来に向かっては空手形を連発する。ポピュリズムは聞き流すだけなら社会の活性化に役立つが現実に選択すると大変なことに。ギリシャで経験済みだったが今回英国でも起きてしまった。まさか米国でも!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EUからの離脱は国民投票では決められない

6月26日(日)晴れ 
 スコットランドは国民投票をやり直し独立してEUに加盟する意思を表明。世界の金融マネーを集めるロンドンもEUに留まるには独立しかないと署名活動を開始。EUも交渉を優位に進めるべく英の体制が整っていないのを見透かし早く離脱手続きを取るよう求めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英国が離脱しても体制に変化はない

6月25日(土)曇り 
 英国の国民投票でEUからの離脱が決まった。それを受けて金融市場がパニック状態。円が一時99円台まで値上がり日経平均株価も一時1300円超も下落。あたかも英国とEUが共倒れするかの様。だが双方ともそれ程軟ではない。英国は独自路線で十分やって行ける。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日米地位協定は改訂ではなく新規に結ぶ時

6月24日(金)曇り 
 沖縄慰霊の日で翁長知事が地位協定の見直しを強く求めた。それに対し安倍首相が米軍属の範囲を見直す作業に入っていることを強調。だが問題は米軍の沖縄占領時代に作られた協定がその儘残っていること。細かな改定ではなく新しく協定し直す作業に入る時期だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

逆アベノミクスで個人消費の改善を

6月23日(木)曇り 
 安倍首相はアベノミクスを更にふかし税収を増やし社会福祉に回すと言う。だがアベノミクスで潤うのは大企業のみ。しかも大企業は中小企業を絞り上げ収益改善を図る。逆に中小企業からの買い上げ価格を上げ中小企業を潤せば大部分の消費者が潤い消費も上向く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

憲法論議は先ず違憲状態を元に戻すことから

6月22日(水)曇り 
 安倍首相は憲法問題を参院選の争点にしないと言い公明党の山口代表も憲法問題は議論が熟していないと言う。だが問題は先の国会で違憲状態を作り出した後始末をどうするかだ。野党は安保法制を廃案にするとの看板を掲げて共闘を組んだ筈だ。一点に絞り込もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安全の確保と言いながら大きな損失をしている

6月21日(火)曇り 
 原子力規制委員会が関西電力高浜原発1,2号機について60年までの運転延長を認可したことにマスコミが批判。原則40年ルールは福島第一原発事故の犠牲と引き換えに手にした安全確保の根幹とまで言う。だが国民の税金で造ったものを使えるのに捨てて良いものか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安易な大学進学を見直す時期に

6月20日(月)晴れ 
 奨学金を受けて無理して大学に入ったものの企業への就職に失敗し非正規社員では薄給のため奨学金の返済に困り夜の世界へ身を転じた。確かにこれも人生。だが大学進学を選択する前に高卒で就職して技術を身につけ専門家として成功する道が無かったのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

制度が変わるので90歳でも矢張り老後が心配

6月19日(日)晴れ 
 80歳の母は脳出血で半身麻痺の要介護5で2年前から特老暮らし。昨年夏にその特老からの請求額が倍増。父とは世帯分離で非課税世帯とみなされ補助対象だったが制度改正で配偶者が課税世帯なら補助の対象外に。75歳の父も医療費や介護保険料で家計は赤字状態。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アベノミクスの空吹かしはギャンブル

6月18日(土)曇り 
 法政大学の杉田敦教授がアベノミクスの果実が目に見えないのはまだアベノミクスが足りないからとする安倍首相の論法はギャンブルに勝つまで掛け金を積み続ければいいという論理に似ていると発言。期限を区切りこういう数字を出すと約束しないと評価できない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もしあの時炉心溶融と言ったら大パニックに

6月17日(金)曇り  
 東京電力福島第一原発事故の際東電社長からメルトダウンの言葉を使うなとの指示がでた。恐らく官邸にいた危機管理担当からの指示だと思う。当時メルトダウンは原子炉が暴走し制御が効かない状況で起きる現象でチャイナシンドロームまで行き着くことを意味した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雇用は改善したと言うけれど

6月16日(木)曇り 
 安倍首相は正規雇用が昨年8年ぶりに増加に転じ26万人増えたとアベノミクスの成果を強調。だが増えたのは介護職など医療・福祉関連で製造業は逆に19万人減。介護職の平均月給は22万円台で全産業平均の33万円台より低い。非正規社員は増え続け全体の4割に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これがアベノミクスの成長戦略

6月15日(水)曇り 
 安倍政権が昨年末に消費喚起策として年金生活者に支給した給付金の殆どは使われず貯蓄へ。年金生活者は一寸先は闇、まさかの時に備える。消費増税時に発行したプレミアム商品券は飛ぶように売れたが商品券がなくとも買うはずのものに使われ得した分は貯蓄に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小学生にはその都度買い与えることを常態に

6月14日(火)晴れ 
 小学生へのお小遣いについて月々決まった額をあげるのではなく必要なものをその都度買い与えるが低学年で57%、中学年で42%、高学年で35%だった。自分の欲望を満足させるには相手を説得する必要がありできなければ我慢するということを教え込む絶好の機会。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ISの関与で全ての利害が一致する

6月13日(月)雨 
 米で50人が死亡する銃乱射事件が。容疑者はISに忠誠を誓っておりIS関連の通信社もIS戦闘員により実行との記事を掲載。容疑者は自分の憂さ晴らしが正当化できるしISも海外活動の実績になる。警備当局も警備の不備の言い訳に使えるし米国もIS撲滅の口実に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

彼はこれに懲りて二度と過ちは犯さない

6月12日(日)晴れ 
 「舛添辞めさせろ」の声が巷に轟く。だが数十億円も掛けて選挙をやり直す必要がありや。ファーストクラスに乗った、スウィートルームに泊まった、公用車を私用に使った、これらが辞任に値する行為?それより一生懸命政務に専念して戴いた方がお得ではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

机上の論理より現場はもっと厳しい

6月11日(土)晴れ 
 1人の保育士がみる子どもの人数や子ども1人あたりの保育スペースについて国の基準より手厚い独自基準を設ける自治体に国基準まで緩めるよう求めた国の待機児童対策に対し応じる自治体はゼロ。職員が減る余裕の確保や事故の不安を持つ保護者への配慮が理由。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

業績主義に変えれば何処で何時間働いたかは問題でない

6月10日(金)晴れ 
 トヨタ自動車が総合職向けの在宅勤務制度を大幅に拡充する。今は子育て中の男女らに限っているが総合職の半分に利用資格を与える方針。労組関係者も趣旨を育児や介護との両立から効率よい仕事のやり方を探すねらいにまで広げると語る。通勤時間の無駄を省く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数合わせより政治信条を固め実力をつけるのが先

6月9日(木)雨 
 国会や地方議会で女性議員を増やす法案づくりをめざす超党派の議員連盟がまとめた骨子は①候補者数を男女同数にする②衆院比例区の候補を男女交互に当選させるだが数だけ合わせれば済む問題か。果たして今の女性国会議員の中に日本の将来を託せる人がいるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金が無くともやらねばならない

6月8日(水)曇り 
 塩崎厚生労働相が子どもの財布から黙って了解なしに金を抜き取るような話と消費増税延期に伴う社会保障の充実策として赤字国債の発行を求める民進党案を批判。だがそこまで社会保障の充実が逼迫していると言うこと。金がないのでできませんでは済まされない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これがアベノミクスだ

6月7日(火)曇り 
 経済が成長しパイが大きくなっている時は少々の軋轢は我慢するが成長が止まると分配を巡り抗争が起きる。その時は新たなルールを作り公平な分配に舵を切るのが政治家の使命だがそれをやらずに恰もパイが膨張しているかの如きに振る舞って人々の不満をかわす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな中で何故インフレターゲットなの?

6月6日(月)曇り 
 アベノミクスで円安が進み大企業を中心に業績は改善したが個人消費が低迷。世帯ごとの所得についての厚労省の調査で1993年に3分の1だった400万円未満の世帯は13年には5割近くまで増加。中間層が減り低所得者層が増えた。介護保険などの保険料も上がる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

選挙前は静かに、静かに!

6月5日(日)晴れ 
 アフリカ南スーダンでのPKOを12月から始める予定の陸上自衛隊の部隊がモンゴルでの国際PKO訓練に参加しているが潜伏するゲリラなどの包囲と捜索、群衆の暴動対処、国連施設の警備の3訓練には参院選への影響を考えて参加を見送り小隊長らの見学に留めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東電は以前にも吸水ポリマーで失敗している

6月4日(土)晴れ 
 東電は東京電力福島第一原発の汚染水対策として氷の壁で囲う凍土壁について凍結開始から2カ月たっても地下水の流れを遮断できていない部分にセメントを注入するという。だが予め鉄板などで流れを止めないと注入したセメントが流れて穴を塞ぐことはできない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安倍首相の空ふかしより岡田代表の方が現実的

6月3日(金)晴れ 
 安倍首相は消費増税を延期してもアベノミクスの果実を社会福祉の充実に充てると言うが基本となる骨太の方針が掲げる名目GDP600兆円の達成や希望出生率1.8、介護離職ゼロはいずれも絵に描いた餅。1億総活躍では保育・介護士の賃金引上げを言うが財源はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風が吹いても桶屋は儲からない

6月2日(木)晴れ 
 安倍首相は饒舌だが根拠が不明確で意味不明。世界経済の停滞を消費増税の延期の根拠にしているが停滞が何故悪いのか。消費増税の延期と世界経済とがどう結びつくのか。新しい判断と言うが何が古くて何処が新しいのか。リニア大阪延伸で家計消費が上向くのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

憲法違反をもう一度参院選の争点に

6月1日(水)晴れ 
 安倍首相は参院選で消費増税延期の信を問うと言うが与野党が全て延期を求めているので争点にならない。それより集団的自衛権行使容認問題はどうしたのか。野党はそのために候補者の一本化を進めたのではないか。再度国民運動を盛り上げて参院選に傾れ込もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本社会は成長から分配へ大きく舵を切るとき

5月31日(火)晴れ 
 アベノミクスとは大胆な金融緩和と思い切った財政出動。だが大胆な金融緩和で一時的に円安に動いたが新興国の停滞で元の木阿弥。災害復興の名目で大幅な財政出動をしたが人手不足で未消化が続出。日本経済はこんな景気刺激策では解決できない所まで来ている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »