« 昔アルカイダ、いまIS | Main | 国民の意思は示されたが誰が実行に移すのか »

集団的自衛権行使容認阻止が参院選の最大の争点

7月4日(月)晴れ 
 民進党の岡田代表は改憲派が2/3を取れば必ず改憲を発議して来ると発言。マスコミの世論調査も改憲の議論が深まっているか否かを問う。だが争点は違う。先の国会で閣議決定により勝手に解釈改憲を強行したこと。これを認めれば政府はいつでも自由に改憲できる。

|

« 昔アルカイダ、いまIS | Main | 国民の意思は示されたが誰が実行に移すのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 集団的自衛権行使容認阻止が参院選の最大の争点:

« 昔アルカイダ、いまIS | Main | 国民の意思は示されたが誰が実行に移すのか »