« 集団的自衛権行使容認阻止が参院選の最大の争点 | Main | 日米共同で日本を守ろう »

国民の意思は示されたが誰が実行に移すのか

7月5日(火)晴れ 
 EUからの離脱交渉には政治力が試されるのに議会の2/3は残留派、ジョンソン元ロンドン市長は保守党党首選への立候補を断念しファラージ独立党党首も辞任。国民投票は行政の長と議会が対立した時に意味がある、議会制民主主義には馴染まないとはある教授の弁。

|

« 集団的自衛権行使容認阻止が参院選の最大の争点 | Main | 日米共同で日本を守ろう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国民の意思は示されたが誰が実行に移すのか:

« 集団的自衛権行使容認阻止が参院選の最大の争点 | Main | 日米共同で日本を守ろう »