« 中国流の環境整備が進む | Main | 中国が巨費を投入して指導力を誇示したが空振りに »

不十分ながら全世界がCO2削減に取り組む意義は大きい

9月4日(日)晴れ 
 米中両国はパリ協定について必要な手続きを終え締結したと発表。中国はCO2排出量を30年前後から減じさせると言う不十分な目標設定だが全排出量の約38%を占める両国の締結ですべての国が削減に取り組む史上初の枠組みであるパリ協定が年内に発効する見通し。

|

« 中国流の環境整備が進む | Main | 中国が巨費を投入して指導力を誇示したが空振りに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不十分ながら全世界がCO2削減に取り組む意義は大きい:

« 中国流の環境整備が進む | Main | 中国が巨費を投入して指導力を誇示したが空振りに »