« 時間軸を無視した復興計画は結局無駄工事に | Main | 民進党は原子力政策の推進者になれ »

社員教育の新たなパターン

9月12日(月)曇り 
 企業が途上国に社員を送り農村開発や環境事業といった社会貢献活動をさせる留職に注目が高まっている。多くはJICAや現地NGOが仲介役を務める。慣れない環境に置かれることは本人の精神鍛錬になり成果が出れば自信に繋がる。企業もビジネス開拓に期待する。

|

« 時間軸を無視した復興計画は結局無駄工事に | Main | 民進党は原子力政策の推進者になれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社員教育の新たなパターン:

« 時間軸を無視した復興計画は結局無駄工事に | Main | 民進党は原子力政策の推進者になれ »