« 白人中間層の怒りが爆発 | Main | 民進党の低迷はいつまで続くのか »

ポピュリストにとって米国は余りにも大き過ぎた

11月10日(木)晴れ 
 一夜明けて全米各地でトランプ反対のデモが起きた。中にはトランプ支持派と小競り合いも。ドイツやフランスの極右勢力からは賛辞の声。逆にイスラムなどやり玉に挙がった勢力からは反対の狼煙が。クリントン候補が敗北宣言の中で語った様に溝は想像以上に深い。

|

« 白人中間層の怒りが爆発 | Main | 民進党の低迷はいつまで続くのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポピュリストにとって米国は余りにも大き過ぎた:

« 白人中間層の怒りが爆発 | Main | 民進党の低迷はいつまで続くのか »