« 無理して成長するより今の状態が長く続くことを求める | Main | 五輪を経済再生の起爆剤に使う時代は終わった »

何を以て安全でないと評価するのかの基準がない

11月29日(火)晴れ 
 九州電力川内原発の一時停止を公約に当選した三反園鹿児島県知事の停止をめぐる発言がトーンダウンし支持した脱原発派が反発を強めている。安全性を検証する県独自の検討委を設置して審査すると言うが国が世界一厳しい基準で安全と言うのを覆す根拠に乏しい。

|

« 無理して成長するより今の状態が長く続くことを求める | Main | 五輪を経済再生の起爆剤に使う時代は終わった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何を以て安全でないと評価するのかの基準がない:

« 無理して成長するより今の状態が長く続くことを求める | Main | 五輪を経済再生の起爆剤に使う時代は終わった »