« お互いに相手の弱点をかばい合う二国間協定の時代 | Main | 日本は薬価に縛られ新薬開発で遅れをとっている »

極めて危険な要素を含む駆けつけ警護の付与

11月16日(水)晴れ 
 南スーダンPKOに対し駆けつけ警護の付与を閣議決定した。現地の治安の悪化に対する国民の不安を払拭するため活動は極めて限定的だ。だが問題は政府軍との交戦。現に政府軍兵士による住民への暴力行為を国連軍が見過ごしたと人権団体から非難されているのに。

|

« お互いに相手の弱点をかばい合う二国間協定の時代 | Main | 日本は薬価に縛られ新薬開発で遅れをとっている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 極めて危険な要素を含む駆けつけ警護の付与:

« お互いに相手の弱点をかばい合う二国間協定の時代 | Main | 日本は薬価に縛られ新薬開発で遅れをとっている »