« 共同経済活動は四島のロシア主権を認めることが前提 | Main | 農協は農家を見殺しに自分たちは生き延びる »

場当たり的な大学行政で若手研究者にしわ寄せ

11月24日(木)雪 
 大学は効率的な研究をとの名目で文科省は評価制度を導入し法人化を進め企業からの委託研究を積極的に受け入れた。結果大学は膨れ上がり特に任期つき研究者が増えた。だが企業側も先行きが見通せず研究から手を引き行き場が無くなった若手研究者が雇用不安に。

|

« 共同経済活動は四島のロシア主権を認めることが前提 | Main | 農協は農家を見殺しに自分たちは生き延びる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 場当たり的な大学行政で若手研究者にしわ寄せ:

« 共同経済活動は四島のロシア主権を認めることが前提 | Main | 農協は農家を見殺しに自分たちは生き延びる »