« 一方的に負担を押し付けられても困る | Main | 「経済協力を餌に領土返還へ」の焦りに突け込む »

未だに亡霊に取りつかれているのは日本だけ

12月11日(日)晴れ
英国はかつて積極的に核燃料サイクルを目指したが1987年に大事故が起きて開発を止めた。米国は核拡散に繋がるとして最も早く撤退。フランスは2030年頃の実証炉の運転を目指すがまだ計画段階。原発は相次ぐ事故で増設の勢いは世界的に止まりウランは余り気味。

|

« 一方的に負担を押し付けられても困る | Main | 「経済協力を餌に領土返還へ」の焦りに突け込む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未だに亡霊に取りつかれているのは日本だけ:

« 一方的に負担を押し付けられても困る | Main | 「経済協力を餌に領土返還へ」の焦りに突け込む »