« 黙ってついて行った先に何が | Main | 翁長知事は住民を何処へ導こうとしているのか »

多数決が常に正しい方法とは言えない

1月1日(日)晴れ 
 多数派が民意を表しているとは言えない事例が頻発している。英国の国民投票で始まりトランプ政権誕生に及んだ。正反の情報が同じ力を持つ場合は多数決の選択は正しいが世の中の情報殆どは力に数倍の開きがある。例えば危険情報は安全情報の100倍の力を持つ。

|

« 黙ってついて行った先に何が | Main | 翁長知事は住民を何処へ導こうとしているのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多数決が常に正しい方法とは言えない:

« 黙ってついて行った先に何が | Main | 翁長知事は住民を何処へ導こうとしているのか »